パリの中心部、マドレーヌ広場の一角に店を構える老舗高級テーラー、「 カンプス・ドゥ・ルカ (Camps de luca)」である。1948年に創業したテーラーのイタリア人のマリオ・デ・ルカ (Mario de Luca) に「メゾン・ドゥ・ルカ」が現在の「カンプス・ドゥ・ルカ」の前身。1969年に、マリオ・デ・ルカはとスペイン人のジョゼフ・カンプス (Joseph Camps)の合併、ビスポークテーラー名が「カンプス・ドゥ・ルカ 」となる。

現在は、創業者マリオ・デ・ルカの後を継いだ二代目マルク・ド・ルカ (Marc de Luca)が経営者となり、同時にカッターを務めており、三代目のジュリアン・ドゥ・ルカ (Julien de Luca) とシャルル・ドゥ・ルカ (Charles de Luca)が彼の後継者となる。

カンプスドゥルカの素晴らしい「Le cran Parisien (パリのジャンノッチ)」と呼ばれるラペルの形状はフレンチ・テーラリングの特徴される。ビスポークテーラー「カンプス・ドゥ・ルカ」のアトリエに美しい喜びを得てきた。私はマルク・ド・ルカさんとジュリアン・ドゥ・ルカさんから温かい歓迎を受うけた。

真で、「クリックすると拡大します」 (Copyright www.high-toned.fr)

ショールーム

グラフィティアーティスト、ジョン・ワン (JonOne) のアートワーク

ジュリアン・ドゥ・ルカ

マルク・ド・ルカ

ボタンホールの仕事

弟子初日

ポケットにハーフムーンの仕事

カンプスドゥルカのパリのジャンノッチ

ボタン家具

マルク・ド・ルカ と息子ジュリアン・ドゥ・ルカ

www.campsdeluca.com