今日は世界で初のシャツ専門店、シャルベ (Charvet)のパリ本店へ訪れた。シャルベは,  Joseph-christophe Charvet (ジョセフ=クリストフル・シャルベ) によって1838年にパリに創立、現在は元はバンク・オブ・アメリカ (Bank of America)のビルであった、ヴァンドーム28番地の5階建てのビルに移転している。

シャルベの特徴は、何と言っても高い技術で仕立てられたメンズシャツだろう。シャルベのシャツ生地のセレクションは世界最大で、オリジナルの柄、カラー、デザインは6,000を超え、プレタポルテ、デミ・メジャー(仕立て)、ビスポーク(オーダーメイド)でのサービスでもシャルベのハイセンスなシャツを手にすることが可能だ。

シャツの他にもネックウェアー等にもアイテムを広げていて、その技術とセンスは詰め込まれている。使用されている素材はやはり高品質で、最高品質のシルク、サテン、シルク織り、ジャガード、グレなディンなど、幅広い選択肢を誇る。その他、流石に美しいシルクのパジャマ、ローブ、ポケットチーフ、サスペンダーにカフスリンクも揃う。

商品は全てアンドル地方(フランスの中央)でハンドメイド製産されており、店舗で作られているのはオーダーメイドのみだそう。

今回この伝説的老舗シャルベの歴史、商品のセレクションと老舗ならではのクオリティーの秘密に迫ることができ、本当に楽しませてもらった。

真で、「クリックすると拡大します」 (Copyright www.high-toned.fr)

シャツ、ボータイ、ポケット・チーフ

シルクノット カフスリンク

シルク織りのネクタイ

素晴らしいサスペンダー

シルク花のボタン穴

イブニングドレスウェアーのすすめ

シャツ、ボータイのコーディネート

シャルベのシャツ生地のセレクション

シャツ生地床から天井までいつも清潔な感がする。

白いシャツ生地

試着室にいろいろなカラー

カフス

モノグラム

プレタポルのテ階にカラフルな靴下

パジャマ

木造の試着室

ボータイウィンザー

ベルベットのドレッシングガウン

シルクのドレッシングガウン

プレタポルのテ階にスーツ生地

いろいろなスーツ

www.charvet.com