先週、私はパリの「 Walter Steiger (ウォルター・ステイガー)」ワークショップを訪問させていただいた。

靴職人のウォルター・ステイガーが1932年にジュネーブでスタートしたワークショップ。けど、靴職人とデザイナー、ウォルター・ステイガーさん(創業者の息子) はシューズブランドに多大な影響力を持っている。シューズブランド、「ウォルター・ステイガー」は世界中で有名になりました。

此の頃、「 ウォルター・ステイガー」はレディ・トゥー・ウェアコレクション(イタリアでハンドソーンウェルテッド製法)とパーソナルオーダーともちろんビスポークのサービスを提供しております。

パリのマティニヨン通り35番地(35 de l’Avenue Matignon)2階に位置する、「ウォルター・ステイガー」のワークショップは「 ルブリストルパリ (Le Bristol Hotel) 」の美しい景色を眺めることがあります。

若い靴職人、アレクシス・ギヨーさん(Alexis Guyot) はビスポークのアトリエの担任だ。アレクシス・ギヨーさんは伝統的職業の職人養成ギルドである「 コンパニオン・デュ・ドゥヴワール (Les Compagnons du Devoir) 」に入り、オーダーメイドの靴製作を学んだ。今、アレクシス・ギヨーさんは、二人の弟子を仕事します。

私はデザイナー、ウォルター・ステイガーさんの洞察力はとてもいい発見である。素晴らしい靴職人、アレクシス・ギヨーさんに出会えたことに、とてもうれしく思います。

ここに「ウォルター・ステイガー」の写真をご案内します。

真で、「クリックすると拡大します」 (Copyright www.high-toned.fr)

Alexis Guyot

Ready-to-Wear

www.waltersteiger.com