数週間前に、私はイタリア南部にある素晴らしいナポリを訪問させていただいた。ナポリ市民にとってのヒーローであり神でもあるプレイヤーこそが、ディエゴ・アルマンド・マラドーナ、現在は噴火していないヴェスヴィオ山、凄い上手なナポリの仕立て屋があります。

今回この「 サルトリア エドゥアルドディシモーネ 」、商品のセレクションと老舗ならではのクオリティーの秘密に迫ることができ、本当に楽しませてもらった。

1896年にビセンゾ・ディ・シモーネ氏 (Vincenzo de Simone) はナポリでディ・シモーネ家のサルトリアに創立された。現在は四代目の情熱的なエドゥアルド・ディ・シモーネ氏 (Eduardo de Simone)によって行われている。

ナポリの国際空港から徒歩数分のところにエドゥアルド・ディ・シモーネのアトリエはある。

エドゥアルドディシモーネの主要な長所の1つはテーラリングの柔軟性を作る能力にあります。エドゥアルドディシモーネのサルトリアはナポリスタイルのスーツが出来るだけじゃない。

エドゥアルドディシモーネのサルトリアはコンテンポラリースタイルと素晴らしい構造化スタイルを生み出うみだした。彼らは英国の生地を使用しています。サルトリアはキレイなミラネーゼボタンホールを作ります。

ここに「サルトリアエドゥアルドディシモーネ」の写真をご案内します。

真で、「クリックすると拡大します」

(Copyright www.high-toned.fr)

Eduardo de Simone