パリで『 Couture Pasquier 』という洋服のお直し店が一番上手です。このブティックはマドレーヌのパスキエ通り5番地 にあります。数ヶ月前にテーラー、アサン・ペン氏 (Assane Pene) の小さいアトリエは『メゾンペン (Maison Pen) 』という本物の仕立屋になりました。この若い仕立屋は素晴らしいオーダースーツの手てごろな値段を提供します。

アサン・ペン氏は西アフリカのセネガル共和国で生まれました。14歳のとき、アサン・ペン氏はダカール都市の伝説の仕立て職人、ライ・ディアッラ氏 (Lay Diarra)の生涯の弟子となりました。

2003年、彼は何年も経ってからパリに行きました。パリで最初の年はとても難しいでした。青年時代の忍耐と努力によって、彼は現在の身分になれたのであります。この13年間にアサン・ペン氏はパリの一番有名な仕立屋、「スマルト (Smalto) 」、「 カンプス・ドゥ・ルカ (Camps de Luca) 」、「アルニス (Arnys) 」、「 ベルルッティ (Berluti) 」、「チフォネリ (Cifonelli) 」で働いていました。

2016年10月の初めにテーラー、 アサン・ペン氏は「メゾンペン (Maison Pen) 」という新しいプロジェクトに着手しました。若いセールスマネージャーのテオフィル・コルミロー氏(Théophile Cormillot) が「メゾンペン 」の計画に参加しました。

Holland & Sherry 」と「Dugdale Bros & Co」の最高級生地を使用したスーツパターンオーダーはのお値打ちなスペシャルプライス「 980 ユーロ」 となっています。

生地メーカー各社「Drapers」、「Fratelli tallia di Delfino」、「Scabal」、「Loro Piana」、「Caccioppoli」のスーツ生地も非常にお値打ちな特別プライスにてご提供しております。

「メゾンペン 」のスーツはイタリアの首都、ローマの北で仕立てられています。ハンドメイドの高品質オーダースーツを、わずか約3週間でお渡ししています。フィッティングについて心地よくぴったりフィットし、ボディに食いこまないのが理想です。アサン・ペン氏は2回、3回、フィッティングします。

仕立屋における26年の経験、才能豊なテーラー アサン・ペン氏はパリの中心で本当に素晴らしいスーツを出すします。

ここにその成功が約束されている「メゾンペン 」の店の写真をご案内します。

真で、「クリックすると拡大します」( copyright High-toned.fr ) :

 

セールスマネージャーのテオフィル・コルミロー氏

テーラー、 アサン・ペン氏

www.instagram.com/maisonpen

www.facebook.com/maisonpen