ブランド
フランスのグローブメーカー「 Lavabre Cadet 」

フランスのグローブメーカー「 Lavabre Cadet 」

1946年、フランスにて創業した老舗グローブメーカー「 Lavabre Cadet(ラヴァーブル・カデ)」です。 「ラヴァーブルカデ」の手袋はファッションデザイナー、イヴ・サン=ローランの一番好きな手袋でした。オートクチュールのデザイン等を経て、それまでなかったスタイルの手袋を生み出し、その名を世界が知るところとなりました。現在は、「ラヴァーブルカデ」が伝統技術を継承し、「Hermès (エルメス)」と「 Christian Dior (クリスチャンディオール)」と「 Chanel (シャネル)」と「 Rick Owens (リックオウエンス)」と「Jean-Paul Gaultier (ジャンポールゴルチエ)」など名立たるメゾンの商品も請け負っています。 フランスに、住民のほとんどが手袋及び手袋にまつわる産業についていたミヨー(Millau)という町があります。南フランス、ミローで創業した老舗グローブブランド「ラヴァーブルカデ」は手袋を縫製されています。 「ラヴァーブルカデ  」は「 無形文化財企業(Entreprise du Patrimoine Vivant (EPV)」の認定証が取得した。 「ラヴァーブルカデ」にて、プレタポルテの美しいコレクションと、オーダーメイド手袋と、ビスポーク(お客様のパターンフルオーダー)を開催いたします。多彩な色完璧なカッティングすべての工程がフランスのアトリエで熟練の職人によるものです。 パリ1区の5番地リュカンボン通り (5 rue Cambon) で革製品専門店、「 Camille Fournet  (カミーユ・フォルネ) 」の中には「ラヴァーブルカデ」の小さいショールームを訪問させていただいた。 熱烈な男性、「ラヴァーブルカデ」発展のためのマネージャーのジャン・バティスト・ロッセーさん(Jean-Baptiste Rosseeuw )はとてもおおらかな方です。 真で、「クリックすると拡大します」 こちらは、最高級のラムスキンレザーを使用しており、茶色、3本ステッチ、「CITADIN 」モデルです。 3ラインステッチは手にフィットするデザインです。裏地にはシルク100%を使用しており、暖かさと心地良さは抜群です。 こちらは、最高級のラムスキンレザーを使用しており、ブラウン、「CITADIN 」モデルです。この手袋はホールカットです。手袋の食指にはステッチがありません。 彼の手袋は買ってから二年たっている。時間がかかりますけど、年代ものの熟した「ラヴァーブルカデ」の手袋です。 特にこのモデルの3ラインステッチは手縫いを宣伝文句にしているので、機械式ではないのだろう。この手縫いステッチがカジュアルなスタイルです。 こちらは、最高級のラムスキンレザーを使用しており、ブラック、3本ステッチ、「CITADIN 」の短いモデルです。 裏地にはシルク100%を使用しており、暖かさと心地良さは抜群です。「CITADIN 」の短いモデルはコートなしのためにです。 こちらは、最高級のエキゾチックスキン(ワニ革)を使用しており、黄金色、とラムスキンレザーです。裏地にはベージュい色のカシミア100%を使用しており、暖かさと心地良さは抜群です。 このエキゾチックスとラムスキンレザーキンのバランスがこの手袋の最大の特徴です。 手袋の口に飾りの口布のついたストリップ (ウェルトステッチ方式) です。 ステッチが美しいのも「ラヴァーブルカデ」の特徴だ。すべての工程を一人で行える手袋職人の誕生につながっていくことになります。 こちらの素材は上質なスウェードカーフスキンを使用し、上品でシックなネイビー色、「CAVALIER 」モデルです。ノーライニング、ステッチはアウトステッチ方式です。 こちらの素材は上質なスウェードカーフスキンを使用し、灰色、「CAVALIER 」モデルです。この機械式でステッチがフォーマルなスタイルです。 素晴らしい手縫いステッチと「ラヴァーブルカデ」の黄金色印鑑...
エディシムセレクション  2016年春夏コレクション

エディシムセレクション 2016年春夏コレクション

1896年にビセンゾ・ディ・シモーネ氏 (Vincenzo de Simone) はイタリア共和国カンパニア州カゼルタ県にある、サン・フェリーチェ・ア・カンチェッロでディ・シモーネ家のサルトリアに創立された。1956年にエドゥアルド・ディ・シモーネ氏 (Eduardo de Simone) 、「 エディシム (Edesim) 」はナポリに移転しました。 現在 は四代目の情熱的な、 エドゥアルド・ディ・シモーネ氏 (Eduardo de Simone)が代表を務めます。伝統的なハンドメイドと最新マシーン技術を融合させた立体裁断システムと必要な部分にハンドメイドを加える理にかなった生産方式を採用。ヨーロッパの著名なラグジュアリーブランドがエディシムでスーツやジャケットを生産しています。 エドゥアルド・ディ・シモーネ氏のおかげで「エディシム」のファクトリーは大手アパレル会社になりました。 今年、テーラリングの名手 エドゥアルド・ディ・シモーネ氏は、 新しいコンセプトという「 エディシムセレクション (Edesim Selection) 」が発表された。エディシムセレクション  2016年春夏コレクションは最高級の素材を使い、ナポリの伝統的な技術にこだわったもので、イタリアのエレガンスを追求している。 メンズウエアを展開する「エディシム」が、イタリア人ブロガー、ファビオ・アッタナシオ氏 (Fabio Attanasio) のブログ「 The Bespoke Dudes 」とコラボレーションしたカプセルコレクションを発表した。 最も有名なイタリア人ブロガー、ファビオ・アッタナシオ氏はヨーロッパによる最高級の素材だけを入念に選び出しました。 オンラインショッピングで販売された「エディシムセレクション」のコレクションは素晴らしい経験ですね。スーツは英国高級服地名門マーチャント「 ホーランド&シェリー (Holland & Sherry) 」や、ナポリの生地マーチャント「 カッチョポリ (F.lli Caccioppoli)」や、「 ヴィタルバルベリスカノニコ (Vitale Barberis Canonico)」や、大手生地メーカー、「 カルロバルベラ(Carlo Barbera)」を使用した。値段も控えめなのが嬉しいところです。 www.edesimselection.com
ダニエルレヴィ オーダーメイドシャツ

ダニエルレヴィ オーダーメイドシャツ

シャンゼリゼ通りそばに、パリ8区メトロでいうとMADELEINEから徒歩数分のところにダニエル・レヴィ氏の服飾店はある。 オーダーメイドシャツ専門店、「 ダニエルレヴィ(Daniel Levy) 」は昨年パリ8区のシィルク通り3番地 (3 rue du Cirque)に更なるオーダーメードサービス提供をオープンした。 シャツのついてダニエル・レヴィ氏は経験もあるし知識もある。 70 〜90年代のパリにはシャツ専門店、「 ローズ & ブラウゼ (Rhodes & Brousse) 」、「ガイエ (Gaillet) 」、「 ダルフール(Durfor) 」、「 ルッカ (Lucca) 」、「 エリーゼソワリー (Elysées Soirie) 」、「 A. シュルカ &カンパニー (A. Sulka & Company) 」、「 シャルベ  (Charvet) 」があった。ヴァンドーム広場はオーダーメイドシャツ専門店の中心だった。 ダニエル・レヴィ氏は美術史を卒業。その後、著名なブランドでシャツの経験を積んだ、若き販売員のダニエル・レヴィさん。ダニエル・レヴィさんはノルマンディーの地方から、専門店「 ダルフール (Durfor) 」というシャツ専門店に仕事を始めた。 ダルフールのシャツはアルザス地域圏のポプリン素材で有名だった。 「ダルフール (Durfor) 」は1998年より、新たに社長に就任した「  リスト・ルージュ( Liste Rouge ) 」からブランド名を変更。「  リスト・ルージュ」が「エリーゼソワリー(Elysées Soirie) 」に買収された。...
Coherence 2016年秋冬コレクション

Coherence 2016年秋冬コレクション

日本のファッションデザイナー中込憲太郎氏が手掛ける『 COHÉRENCE (コヒーレンス) 』2016年秋冬のカッコイイコートコレクションを発表した。 ポートレートに残された芸術家や文化人、例えばアルベール・カミュ(Albert Camus) 、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(Antoine de Saint-Exupéry)、レオナール・フジタ (Léonard Foujita)、シドニー・ベシェ (Sidney Bechet)、マルセル・デュシャン (Marcel Duchamp)、トリスタン・ツァラ(Tristan Tzara)、ル・コルビュジエ (Le Corbusier)、ジャン・コクトー(Jean Cocteau)、等のワードローブにインスピレーションを得て、素材開発から縫製まで100% Made in JAPANでプロデュースされるコートの素晴らしいコレクションです。 全てのコート、アウターのモデルには人物が落とし込まれ、構築するパターン、縫製には緻密なこだわりを吹き込んでいる。 コヒーレンス2016年秋冬コレクションのルックブックをご覧ください。 クリックして画像を拡大する … co-herence.jp  
アクセサリーブランド、Stòffa

アクセサリーブランド、Stòffa

アクセサリーブランド、「Stòffa (ストッファ) 」は、デザイナーアギエシュ・マダン氏  (Agyesh Madan) によって2014年に立ち上げられたばかりのまだ若いブランドだ。 イタリア製アクセサリー「 Stòffa 」のコレクションは、ウサギやビーバーフェルトを使用したフォルダブル・ソフト帽子やプリントポケットチーフをはじめ、シルクやカシミヤのポケットチーフ、 ウール素材を使用したニットタイ、豪華なダブルサイドスカーフ_など、慎重に丁寧に仕上げられた美しいデザインと高い品質が光るラインアップとなっている。   「 Stòffa 」は定期的に出張オーダー会『トランクショー』を世界の主要都市で開催しており、フライジャケットやフィールドジャケット、エレガントなパンツのビスポークサービスも提供しています。 丹精をこめてつくられた素晴らしいアクセサリーブランド「 Stòffa 」をごらんください。 クリックして画像を拡大する…  フォルダブルソフト帽子 アシンメトリージャケット フライジャケット フィールドジャケット ダブルサイドスカーフ オーダーメイドズボン シルク/カシミヤのポケットチーフ プリントポケットチーフ stoffa.co
ジョンロブ2016年春夏コレクション

ジョンロブ2016年春夏コレクション

昨夜、最高級の紳士靴メーカー「ジョンロブ ( John Lobb )」がパリのアトリエ、新アーティスティック・ディレクターに就任したパウラ・ジェルバーゼ氏 (Paula Grebase) によるジョンロブ2016年春夏コレクションを発表した。 ジョン・ロブは1851年、彼が22歳の時、靴作りを学ぶために故郷の英国南西部コーンウォール州を離れ、徒歩でロンドンに向かった。長い旅路をともにしたのは、手作りのブーツ。 ジョンロブ2016年春夏コレクションの色はコーンウォール州の海辺に元気づけられた。3アイレットブーツは私の一番好きな靴です。このブーツのスエードはは手触りがすごく柔らかい。 ここにジョンロブの写真をご案内します。 真で、「クリックすると拡大します」 (copyright www.high-toned.fr) www.johnlobb.com
クロケット&ジョーンズ 『007/スペクター』でジェームズ・ボンドの靴を提供

クロケット&ジョーンズ 『007/スペクター』でジェームズ・ボンドの靴を提供

1879年、英国靴の聖地イギリス・ノーザンプトンに誕生した、「 クロケット&ジョーンズ (Crockett & Jones) 」は、映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター (007 Spectre)』で主人公ジェームズ・ボンドの靴を提供したと発表しました。 イギリスの俳優、ダニエル・クレイグ (Daniel Craig) が4度目のジェームズ・ボンドを演じる人気スパイアクション『007 』シリーズ第24弾。ジェームズ・ボンドのクロケット&ジョーンズ靴は、新しいレベルの快適性、エレガント、効率性を提供します。 ジェームズボンドのモデルは、黒のカーフ5種「Camberley」、「Alex」、「Northcote」、「Norwich」、「Radnor」に、ブラウンのスエード「Swansea」を加えた全6種。いずれの靴も Crockett & Jones 店舗で販売中です。 これらのモデルはロンドン、バーミンガム、ニューヨーク、パリ、ブリュッセルのクロケット&ジョーンズフラッグショップでお取り扱いしております。 監督はサム・メンデス (Sam Mendes)の『007 スペクター』は、2015年10月26日にロンドンでプレミア上映され、11月7日にアメリカ、そして日本では12月4日に公開される。  Alex Camberley Northcote  Norwich  Radnor Swansea www.crockettandjones.com www.007.com
ストラスブルゴのハウステイラーズラボ

ストラスブルゴのハウステイラーズラボ

ヨーロッパやアメリカのブランドを取り扱うセレクトショップ「ストラスブルゴ」の南青山店の3階フロアに「 ハウステイラーズラボ(House Tailor’s Lab.)」がオープンしました。 この「仕立ての研究所」では、ストラスブルゴ専属のスーツ、トラウザーズ、シャツのテイラーがお客様をお迎えします。 スーツの松熊良太、シャツの山神正則、パンツの五十嵐徹の3人が、ここで実際にオーダーを受け付け、仕立て作業を行います。 松熊良太さん 山神正則さん 五十嵐徹さん 価格:スーツ ¥295,000〜 /トラウザーズ ¥75,000〜 / シャツ ¥33,000〜 strasburgo.co.jp
コンセプトショップ「Y. & SONS 」を東京にオープン

コンセプトショップ「Y. & SONS 」を東京にオープン

2015年3月1日に、きものの老舗やまとが、メンズ着物のコンセプトショップ「 Y. & SONS  ( ワイ&サンズ) 」を東京・神田にオープンする。 アートディレクターに平林奈緒美氏、バイイングディレクターに二村毅氏、インテリアデザイナーに佐々木一也氏と、各分野のスペシャリストを迎えたプロジェクトチームを結成し、現在の市場にフィットしたメンズきものの新しい価値観創造を目指す。Y. & SONSの店は御茶ノ水の駅近くにある。出店場所は、神田明神鳥居の並び。 Y. & SONSの店の中には、気軽に着用できる縞・格子の綿きものから、結城紬、大島紬まで、日本全国の産地に直接オーダーし取り揃える。価格帯は、綿きもの3万9千円~、ウールきもの4万9千円~、絹きもの8万9千円~ (お仕立て代込)。採寸、誂え、仕立てまでの工程を、2週間と業界最短のスピードでオーダー出来る。 オーセンティックな着物はもちろん、従来の着物専門店では出会えなかった、洋装とのミックスコーデなど幅広いスタイルが楽しめるショップとなりそうだ。 男性向けきものテーラー Y. & SONSの取扱い洋装ブランドはNorwegian Rain (ノルウェイジャンレイン) をはじめ、KIJIMA TAKAYUKI (キジマタカユキ)、Want Les Essential (ウォントレスエッセンシャル) 、FOOTSTOCK ORIGINALS (フットストック・オリジナルズ) 、N. HOLLYWOOD (N.ハリウッド) など。 www.yandsons.com    
Tailored by Mr SmithとMr Smith 秋冬2015 コレクション

Tailored by Mr SmithとMr Smith 秋冬2015 コレクション

先週、英国人デザイナー(服飾造形の偉大なる師)ヴィンセント・スミス氏 (Vincent Smith) の、二つの2015秋冬コレクション−クチュールラインである「 Tailored by Mr Smith (テイラード・バイ・ミスター・スミス) 」とプレタ・ポルテラインである「 Mr Smith (ミスター・スミス) 」が、イタリアはフィレンツェで毎年開かれている「 Pitti Uomo (ピッティ・ウォモ) 」にて全容が明かされた。 「 Tailored by Mr Smith (テイラード・バイ・ミスター・スミス) 」とは、パリ18区モンマルトルのアトリエにて、全ての工程が手作業で行われる、メンズのクチュールコレクションである。 まず、最高峰の技術をもって仕立てられたコートたち。「パウダーピンク」と「ダークトオプ」のダブルブレステッドコート、生地に特殊な仕上げが施されている「グレーグリーン」のシングルブレステッドコート、そしてグレー地のダブルフェイスコート。 「グレーグリーン」のコート 「ダークトオプ」のコート ダブルフェイスコート 特に、「パウダーピンク」コートのエレガンスに、心を動かされた。このパウダーピンクカラーは、日本のファブリックメーカーである「ニッケ (Nikke) 」との共同開発により、特別に生産されたものである。(コート三型にだけ使用されます) 「パウダーピンク」のコート 日本のファブリックメーカーである「ニッケ (Nikke) 」のコラボレーション 杢グレーフランネルツイード地を使用した二つボタンスーツは、とても繊細に作られており、美しいディティールも兼ね備えている。 ブラックフランネルサージ地を使用したスモーキングは、存在感のあるドレープが印象的である。 シルクカマーバンドには折り紙の手法が取り入れられている。 プレタ・ポルテラインである「 Mr Smith (ミスター・スミス) 」のコレクションの中にも、様々な素晴らしいアイテムが見受けられる。ブラックカラーのダブルフェイスコートは、熟練技術をもつ職人達を有する、パリの或るアトリエにて製作された。柔らかなショルダーラインと美しいラインが、このコートの品の良さを引き立てる。 スミス氏は「British Warm コート」を近代的且つタイトに再構築した。ベージュとダークブルーのライトウェイトメルトン地にて製作されている。 ブラウンチェック地の二つボタンスーツもとてもエレガントだ。このモデルは絹のような手触りの、ブルーライトウェイトフランネル地でも展開されている。 ヴィンセント・スミス氏は洋服の構造面に関しても熟知している。最高級の生地や、時には革新的な生地も選択する。洗練されたクチュール的ディティールを取り入れる。このようにして、彼は“既製服の限界”を押し上げようとしているのだ。コレクションピースひとつひとつには、“奥ゆかしき気品”が宿る。 ここに「 Tailored by Mr Smith (テイラード・バイ・ミスター・スミス) 」と「Mr Smith...
トム・スウィーニーのプレタポルテコレクション

トム・スウィーニーのプレタポルテコレクション

トム・ウィデット(Thom Whiddett)とルーク・スウィーニー(Luke Sweeney)によって2007年にメイフェアのウェイハウス・ストリートにオープンしたビスポークテーラー「 トム・スウィーニー (Thom Sweeney) 」。若手ブランドとしてHigh Tonedでもピックアップした2011年の記事以降、急速に伸びてきたブランドだ。 2014年の初めに、リシュモングループのECストア「Net-A-Porter(ネッタポルテ)」のメンズファッションECサイト『 Mr Porter (ミスターポーター) 』ではレディ・トゥー・ウェアのエクスクルーシブ・コレクションの販売が開始された。 今年11月には、トム・スウィーニーが、ロンドンの中心で高級住宅地として知られるメイフェア地区のブルトンプレイス  (33A Bruton Place) ショップをオープンした。トム・スウィーニー ブルトンプレイス店では、メンズプレタポルテコレクションとパーソナルオーダーに対応したが取り扱われます。 日本では、今年12月からトム・スウィーニーのレディ・トゥー・ウェアコレクションが伊勢丹新宿店で取扱いを開始する予定だという。 数ヶ月前に、映画監督、シャルル・アラン・バスク (Charles Arran Busk) とプロデューサー、ジェイミー・マックレガー・スミス (Jamie Mcgregor Smith) が手掛ける、ビスポークテーラー「 トム・スウィーニー (Thom Sweeney) 」のドキュメンタリー映画も公表されている。 www.thomsweeney.co.uk
ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング2014年秋冬

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング2014年秋冬

シンプルで上質なライフスタイルを提案する洋服と雑貨のコンセプトショップ 「 United Arrows Green Label Relaxing ( ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング ) 」 の 「 Green Paper ( グリーンペーパー ) 」というカタログには2014年秋冬の一番人気ルックが発表された。 機能性と耐久性を加味したオリジナル生地を使用したスーツは勿論のこと、イタリアの「 Reda Valle Mosso (レダ・レダヴァッレ・モッソ社)」シリーズのスーツや「 Guabello Mongrando (グアベロ・モングランド社)」シリーズのスーツ、「 Vitale Barberis Canonico (ヴィタール・バルベリス・カノニコ 社)」の生地を使用した格好いいスーツをご用意いたしました。 真で、「クリックすると拡大します」 www.green-label-relaxing.jp
デボンファクチャー 2015年春夏

デボンファクチャー 2015年春夏

フィレンツェで行われるメンズファッションの祭典、ピッティ・ウォモに「 Hermès (エルメス) 」で学んだ職人技術の素晴らしさデザイナーのデボラ・ニューバーグさん (Déborah Neuberg) にお目にかかりました。 クラフトマンシップを大事にしており、フレンチブランド「 De Bonne Facture (デボンファクチャー)」が2015年春夏コレクションを発表しました。 デボンファクチャー の「 Made by 」というコンセプトはフランスの古き良きマニュファクチュアの匠をリスペクトし、各上品なアイテム、それぞれにふさわしいマニュファクチュアで生産をしているそうです。使用している生地が日本製、イタリア製、フランス製、イギリス製です。 今年、「デボンファクチャー」は新作特別で茨城県の伝統工芸である結城紬の豪華なネクタイを使用した。2010年にユネスコは結城紬の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」への記載が決定しました。 真で、「クリックすると拡大します」 (Copyright www.high-toned.fr) www.debonnefacture.fr
ピッティウォモでタキザワシゲル2015年春夏コレクション

ピッティウォモでタキザワシゲル2015年春夏コレクション

日本人デザイナー、滝沢滋氏 (Takizawa Shigeru) が、フィレンツェで行われるメンズファッションの祭典、ピッティ・ウォモにて日本製のコレクション 「 タキザワシゲル ( Takizawa Shigeru ) 」を発表しました。今回、2015年春夏のコレクションは、面白い生地、カジュアルなデザインながらもシックなスタイルを見せてくれる。 今シーズン、「Takizawa Shigeru(タキザワシゲル)」は、チェルッティ (Lanificio F.lli Cerruti) 社のスペシャル服地を使用したスーツを発売した。銀座のサローネオンダータ (Salone Ondata)では、パーソナル・オーダーを受け付けている。 真で、「クリックすると拡大します」 (Copyright www.high-toned.fr) takizawa-shigeru.jp
ピッティウォモでTailored by Mr SmithとMr Smith

ピッティウォモでTailored by Mr SmithとMr Smith

パリを拠点にする英国人デザイナー、ヴィンセント・スミス(Vincent Smith)が、フィレンツェで行われるメンズファッションの祭典、ピッティ・ウォモにて自身のコレクション 「  Tailored by Mr Smith ( テーラード・バイ・ミスター・スミス) 」と「 Mr Smith ( ミスタースミス) 」を発表しました。 今回の2015年春夏コレクションは、軽やかで自然な色合いの素材を、完璧で美しいシルエットに乗せたものになっています。特に、黒のジャケットの襟に施された、緻密で素晴らしい手刺繍は見逃せません。 真で、「クリックすると拡大します」 (Copyright www.high-toned.fr) www.facebook.com/W108.TAILOREDBYMRSMITH
ピッティウォモでラルディーニ2015年春夏

ピッティウォモでラルディーニ2015年春夏

2014年第86回2014 春夏ピッティ・イマージネ・ウォモでイタリア老舗ブランド「 ラルディーニ (Lardini) 」が、オシャレな2015年春夏コレクションを発表した。これら私のプレビュー写真をご覧下さい。 真で、「クリックすると拡大します」 (Copyright www.high-toned.fr) www.lardini.it  
ピッティウォモでアイドスナポリ2015年春夏

ピッティウォモでアイドスナポリ2015年春夏

先週にイタリアのフィレンツェで、イタリアの政府は私をピッティウォモという世界最大級のメンズプレタポルテの見本市に誘さった。クリエイティブ・ディレクター、アントニオ・シオンゴリ(Antonio Ciongoli)が手掛けるイタリア流のクラシックスタイルが根付くナポリに拠点を構える「 アイドスナポリ (Eidos Napoli) 」が2015年春夏の素晴らしいコレクションの発表会を行う。ピッティウォモでアイドスナポリは私の大好なコレクションだった。 そのコレクションに色と形と生地は「イスキア島というナポリ湾で一番小さな現役漁師の島」からインスピレーション。ナポリで培われた職人技術に加え、イタリアスタイルのシルエットと、カッコイイなディテール、生地使いは他の追随を許さない。アイドスナポリが良質なスーツを作るのを、イタリアの紳士服ブランド「イザイア (Isaia)」が手伝ってくれた。私たちはアイドスナポリに目をつけているすべきだ。 写真で、「クリックすると拡大します」 (Copyright www.high-toned.fr) www.eidosnapoli.it  
ハンコックの2014年春夏コレクション

ハンコックの2014年春夏コレクション

「 HANCOCK(ハンコック)」は、英国ゴム産業の創始者トーマス・ハンコック氏 (Thomas Hancock) の発明技術を継承する、スコットランド生まれのハンドメイドによるアウターウェアブランドです。 長年、英国のヴァルカナイズ製法の衣料に従事してきた ダニエル・ダンコ  (Daniel Dunko) とゲイリー・ボット(Gary Bott) によって2011年に設立され、2012年秋冬シーズンにレディースコレクションでデビューを果たし、翌2013年春夏シーズンより、メンズコレクションもスタートしました。ハンコックの美しい2014年春夏シーズンを御覧下さい。 ハンコックの伝承技術のショートフィルムはとても面白い。 www.hancockva.com
パッサッジョ・クラバッテのビスポークネクタイ

パッサッジョ・クラバッテのビスポークネクタイ

「 Passaggio Cravatte ( パッサッジョ・クラバッテ ) 」はジャンニ・セルッティ (Gianni Cerutti) とマーサ・パッサッジョ (Martha Passaggio) によって2010年に設立された、ビスポーク(オーダーメイド)のネクタイメーカーです。 プロダクトのほとんどは、50~60年以前の大変貴重なハイクオリティ・ビンテージ・シルクが贅沢に使用された、非常にクオリティーの高いものばかりです。 イタリア、パヴィーア地方のロッビオ (ミラノから約1時間)にある、パッサッジョ・クラバッテのアトリエで複雑なパターンカットされてます。その後で、ナポリの工場に古くから伝わる伝統的な製法でクラッシックなハンドメイドネクタイを用いています。 その仕立ては巧みで、 私はジャンニ・セルッティさんと面白いメールのやりとりの後、今週、最高級シルク1枚布を7回折り重ねている巧みな仕立ての、とても素敵なネクタイをプレゼントしていただきました。 このパッサッジョクラバッテの美しい形のネクタイは、すぐに私のお気に入りの仲間入りとなりました。とても軽く、素晴らしい三巻のハンドロール。 ジャンニ・セルッティさんは、テーラリングと伝承技術に情熱をもった、とてもおおらかな方で、大変話しやすく気さくな方です。 パッサッジョクラバッテの受注は随時メール受け付ているようですので、気になる方は是非問い合わせてみてください。また、ジャンニ・セルッティさんはフォーシーズンズホテル・ミラノでも直接顧客問い合わせを受け付けていますので、お近くにきた際は立寄ってみては。 真で、「クリックすると拡大します」 (Copyright www.high-toned.fr) 大変貴重なハイクオリティ・ビンテージ・シルクのカット ビスポークネクタイのフォーカス スーツ : Cifonelli / シャツ : Luciano Barbera / ネクタイ : Passaggio Cravatte スーツ : Husbands / シャツ : Turnbull & Asser / ネクタイ : Passaggio Cravatte www.passaggiocravatte.com
キートン2014年春夏

キートン2014年春夏

イタリア人デザイナー、チロ・パオーネ氏 (Ciro Paone) によって、1968年にフィレンツェで創業したプレステージブランド、 「 キートン(Kiton) 」 。こちらは キートンの新作、2014年春夏コレクション。 今年、キートンは「 パラッツォ・フェレ (Palazzo Ferré) 」という4 ,0000㎡の建物を買った。パラッツォ・フェレはミラノの心臓部に位置する。キートンのサイトのレイアウトを変わりました。 www.kiton.it
オンワード樫山の五大陸 2013年秋冬

オンワード樫山の五大陸 2013年秋冬

2013年10月28日、アパレル大手のオンワード樫山は男性スーツブランド「五大陸」を秋冬モデルから全面刷新し、13年ぶりに大型広告キャンペーンをスタートさせます。ブランドアンバサダーに人気歌舞伎俳優の片岡 愛之助さん、尾上 松也さん、中村 歌昇さん、中村 壱太郎さん、中村 隼人さんの5人が抜擢された。 「 五大陸 」は1992年から、“英国の伝統、フランスの華やぎ、イタリアの粋、アメリカの合理性”を“日本の繊細”によって仕立てた“東京発国際服”と作り続ける。創業171年の歴史を持つ仏の老舗生地・ドーメル社の生地を使ったスーツや、京都西陣織のネクタイなどを主力アイテムとして打ち出す。価格帯は、主力のスーツが5万9,000~11万円。 www.onward.co.jp/gotairiku www.dormeuil.com
トゥモローランド 2013-14年秋冬

トゥモローランド 2013-14年秋冬

「 Tomorrowland (トゥモローランド) 」が、2013-14年秋冬のカタログ「35周年記念日」を発表した。ドリス・ヴァン・ノッテン (Dries Van Noten)、チェサレアットリーニ (Cesare Attolini)、MP ディ マッシモ・ピオンボ (Mp di Massimo Piombo)、アクネ(Acne)、エリッコ フォルミコラ (Errico Formicola)、サルヴァトーレ・ピッコロ (Salvatore Piccolo)、 フィオリオ (Fiorio)、クロケット&ジョーンズ (Crockett & Jones)、ジャンポール・ノット (Jean Paul Knott)、ピエール・ルイ・マシア (Pierre-Louis Mascia)、など数々の素晴らしいブランドをラインナップするトゥモローランド 。 www.tomorrowland.co.jp
ビームス2013-14年秋冬

ビームス2013-14年秋冬

「 ビームス  (Beams) 」が2013-14年秋冬の素晴らしいルック ブックを発表した。フォトグラファーには、お決まりの宮原 夢画 (Muga Miyahara)。スタイリストは吉野誠 (Makoto Yoshino)。「Back to Elegance 」と呼ばれているファッションエディトリアルはお洒落なルックを見せてくれる。 www.beams.co.jp www.muga.tv